企業文化

私たちが成功するためには優秀な人材と魅力ある企業文化が重要です。

優れた企業であるという評価は、ますます競争が激しくなっている国際雇用市場において、BATグループ(以下、グループ)の強みであり、人材は戦略を実現する上で極めて重要となります。


挑むべき課題

私たちの産業で最も重要な要素の一つが有能な人材の確保です。グループは優秀な人材を集め、業務に積極的に取り組むチームを作るとともに、理想的な職場環境を形成することを目指しています。最終的にグループの戦略を実現するのはグループの社員にほかなりません。

優秀な人材の獲得競争が激しくなるにつれ、雇用主として他との差別化を図れる企業としての評判が必要になってきています。多くの人々がそうであるように、グループの社員として働くことを決める際には、社員の業績を正当に評価してくれるか、プロとしての学習や自己啓発をサポートしてくれるか、国際的大企業に相応しい高報酬が期待できるかなどが重要な指標となっています。


グループのアプローチ

BATグループは、2020年3月に進化した新たな戦略「A Better Tomorrow(より良い明日)を築く」を導入し、明確な企業の目的を掲げています。この目的を達成するための要となる原動力は、BATグループを横断する行動規範であるEthos(理念)にあります。

BATのEthos(理念) は、社員にやりがいのある職務を提供し、将来に向けて事業の持続可能な価値を生み出すことを目的に、社員の意見が大きく反映されるよう作られています。その理念は、社員一人ひとりが大胆に、俊敏に、任された権限を持ち、責任を担って行動し、多様性をもって行動することです。

また、安全な就労環境の提供や、社員への福利厚生、社員の意見尊重も重要な事項です。

言い換えれば、有能で多様性のある人材を魅了し、集め、定着させることができる企業であり、個人の尊重と責任を基盤として各自の能力を高める文化が必要と考えています。

  • 社員数は世界全体で53,000人以上
  • 世界で活躍しているマネジメントの国籍は139ヶ国
  • 世界中の管理職に就く女性比率は27% 

外部からの評価:トップエンプロイヤーに選出

グループは、世界的な独立認証機関であるトップ・エンプロイヤー・インスティチュートによりヨーロッパやアフリカに加え、2018年にはアジア・パシフィック地域でもトップ・エンプロイヤーに選出されました。日本、マレーシア、インドネシア、オーストラリア、ロシアにおいて認証を受けたことにより、アジア・パシフィック・リージョンとしても認証を取得しました。

TopE2020JP TopE2020Asia TopE2020GL  

max
large
medium
small
mobile