jump to search

規制について

喫煙には健康リスクが伴うため、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、適切な方法でたばこ製品に対する規制が行われるべきであると考えます。

グループは、合理的なたばこ規制を支持し、その実現に協力を惜しみません。更に、将来導入される法規制について助言し、またこのような法規制を遵守することを通じて、たばこ規制に関する政府の活動に関与し、支援していきたいと考えています。

合理的な規制とはどんな規制でしょうか? 

各国政府は、規制の質に関心を持ち始めています。規制の質が劣ると、費用に見合った効果が得られないばかりではなく、行政に対する信頼を損なう可能性すらあるからです。政府は、たばこのような健康リスクを伴う製品に対する規制をより実効性のあるものにするために、どのような取り組みをしているのでしょうか?

各国政府は、公正で経済的に成長可能な社会を創るために規制が重要な役割を有していると認識しています。また、規制の導入により、得られる便益以上のコストをもたらすような場合や、革新的な動きを抑制する場合、中小企業を不利な立場に追い込む場合もあると認識しています。そのため、多くの政府が、規制の質についての調査・助言を行うための機関を設置して、規制を改善する方法について調査しています。


規制は合理的でしょうか?

社会、経済、環境等に関する個々の問題を明確にし、それらの問題に対し行政が介入した場合に予想される効果及び正当性こそが重要な第一歩であると考えます。政府の介入に正当な理由がないと判断される場合や、規制を伴わない介入の方が問題解決の最善の方法だと判断される場合もあります。規制の施行が現実的であるか否かということも考慮されなければなりません。


すべての利害関係者から意見を聞いたでしょうか?

行政の介入についての国民的論議を行い、規制を伴わない解決を奨励することが可能かどうかを検討し、“規制キャプチャー”(特定の利益グループの意見及び目的のみが反映された規制)の危険性を最小限に抑えるため、すべての利害関係者との広範かつ透明性のある議論が必要です。


規制に関する一連の過程において、十分に情報が提供され、規制する側の説明責任が確保されているでしょうか?

規制を新たに設けたり、既存の規制を改正あるいは廃止したりする際には、規制についての事前評価を実施し、その結果を政策決定への有効な情報として提供し、判断材料とすることが重要です。この分析は、「規制影響分析」と呼ばれる手法で、事実に基づき、仮定や前提条件を設定することで客観的な結論を導くことができます。規制が当該問題解決に適ったものであり、かつ便益を極大化するものであることが規制の根拠となります。

「規制影響分析」を通常の標準的かつ現実的な業務遂行の手続きに従って実施することにより、行政全体の一貫性が確保され、一貫性のないアプローチにより行政が信頼を失うことを防止します。

言うまでもなく、規制は、その目標を達成するため定期的に見直されるべきです。もし目標が達成されていないのであれば、規制の改廃が必要になります。

これらのアプローチは、行政が直面している諸問題について等しく適用されるべきであり、たばこやアルコールのような健康リスクがある製品の規制についても同様です。

max
large
medium
small
mobile