未成年者の喫煙防止

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、たばこは成人のみに許されるものであり、未成年者は喫煙すべきではないと考えています。

 

グループは、未成年者に対してたばこ製品の販売を禁じる法律や規制を全面的に支持します。また、そのような法の執行および違反行為の処罰は、未成年者への販売を思いとどまらせるため、十分に厳格であるべきと考えます。グループのマーケティング活動が、未成年者による喫煙の防止に向けた努力を決して妨げることのないよう配慮することの重要性を認識しています。

このためグループは、全世界で統一された厳格なマーケティング国際原則 (British American Tobacco IMP)を定め、これを遵守することによって、成人消費者のみに向けられた適切なマーケティングを行うことを誓約しています。


グローバルな取り組み

グループの全事業に対して、次のように求めています。

  • 小売業者に喫煙の最低年齢に関する法律およびグループの規準への遵守を促す。
  • 販売代理店が小売業者に向けたトレーニングおよび店頭表示素材を提供できるよう支援する。
  • 喫煙の年齢制限がない地域では、18歳以上とする法律を制定するよう政府と協力する。

取り組み状況

2017年には、可能なすべてのマーケットで未成年者喫煙防止活動を行いました。また、健康注意文言の欠如と未成年者のアクセスの観点から、たばこ1本単位での販売は行われるべきではないと考えています。しかし、そのような販売方法が文化的に受け入れられている市場があることも事実です。

このような状況に対処するため、グループ企業がたばこ1本単位で販売されている市場において、未成年者喫煙防止メッセージや健康注意文言が記載された店内ポスター等を配布できるよう、2015年に「マーケティング国際原則」を改訂しました。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコのマーケティング国際原則は、以下のリンクをクリックすることでダウンロードできます。

マーケティング国際原則 (349 kb) IMP

max
large
medium
small
mobile