jump to search

グループのビジョン

今日の成長、明日への投資

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)はビジネスの成長を日々実現する一方で、明日への投資に必要な資金を生み出すという戦略を取っています。現在、グループのビジネスの中核を成し、今後も成長機会をもたらしてくれるのは、たばこ製品です。またグループは将来にわたり、様々な次世代のたばこ製品やニコチン製品を開発しています。

グループのビジョンを実現するために、「成長、生産性、責任、優れた組織」という理念を掲げています。以下にその内容をご紹介します。


成長

グループの事業目的は、成人喫煙者に高品質の製品を提供することにより、競合他社の製品ではなく、グループの製品を選択していただけるようにすることです。世界の喫煙人口を増やすことや、喫煙者の喫煙量を増加させたり、未成年者に喫煙を勧めたりすることではありません。そのために、自立的成長と戦略的な企業合併・買収を通して、収入と利益を伸ばし、世界市場でのシェア拡大を目指しています。


生産性

生産性に関する取り組みとして、グループ各社のグローバルな資源をより効果的に活用し、利益を向上させて、グループ事業へ再投資するための資金を生み出しています。グループ一丸となってこの取り組みを実践し、サプライチェーン全体でコスト削減を図り、製品の品質を向上させ、販売までのリードタイムを短縮する一方で、人材や資本の効率的な活用を目指しています。


責任

健康リスクを伴う製品を取り扱う企業は社会的責任を負えるのでしょうか。グループは、健康リスクを伴う製品を製造し、販売しているからこそ、リスクを低減できるような製品の開発などを通して、事業活動における責任を示すことが何より重要であると考えています。更に、今後も科学的根拠に基づく効果的なたばこ関連規制を支持し、遵守していきます。


優れた組織

グループは、ビジョンを実現するためには、適切な人材と適切な職場環境を維持しなければならないと考えています。グローバル企業としての未来を託すことのできる才能ある人材を雇用、育成、維持するため、変化や革新を奨励し、社員が最高の力を発揮できる環境を整え、成功に報いる開放的で自信あふれる社風の構築を目指しています。

max
large
medium
small
mobile