jump to search

日本の規制

たばこ事業法は、日本のたばこ産業の健全な発展と、財政収入の安定的確保、および国民経済の健全な発展に貢献することを目的とし、1984年に制定されました。

一般社団法人日本たばこ協会(TIOJ)には、日本でたばこ製品を扱う企業および団体が正会員と賛助会員のいずれかの立場で参加しており、1985年4月に「広告・販売促進に関する自主規準」を策定しました。この規準は、たばこ事業法第40条第1項の規定(未成年者の喫煙防止、過剰広告の回避等)の趣旨に沿ったものです。

この自主規準は、「TIOJ自主規準」と呼ばれ、たばこをめぐる社会環境の変化に従って適宜修正されてきました。特に、2001年に国際的な自主規準「たばこ製品マーケティング国際規準(IMS)」が採用された際、そして2003年にたばこ事業法施行規則の一部を改正する省令による新しい注意文言等の規定が定められた際に大幅な修正が加えられました。

2012年にブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、ステークホルダーの意見およびグループ会社内における国際的な協議の結果を考慮した上で、IMSを全面的に改訂し、「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ たばこ製品マーケティング国際原則(British American Tobacco IMP)」と名づけました。IMPは当社の最低規準であり、日本の法令およびTIOJ自主規準がIMPより厳しい、あるいは優先される場合には、日本の法令およびTIOJ自主規準が適用されます。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ たばこ製品マーケティング国際原則 (British American Tobacco IMP)は、こちらからダウンロードできます 

TIOJ自主規準と関連マニュアルは、TIOJのウェブサイトから  ご確認いただけます。

max
large
medium
small
mobile