jump to search

たばこ税

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、2018年には全世界でたばこ税を含め374億ポンド超(約5.7兆円)の税金を納付しています。

 
税の問題

たばこ税は、各国の政府にとって重要な財源となります。困難な経済状況の下では、国家予算の歳入減を補うために、たばこ製品への課税が見直され、税収が増加する可能性があります。

政府はたばこ税の高い税率により、特定の政策目標を支援することができます。例えば、喫煙に起因する医療費などをたばこ税による歳入で負担している国もあります。また、公衆衛生の指導者が、たばこの消費量を減らす目的でたばこ税を上げるよう政府に圧力をかける場合もあります。

たばこ税の急激な増税は、消費量の減少ではなく、消費者が闇市場に目を向けるという結果をもたらす場合があります。

たばこ税増税の影響

禁煙を選択したり、喫煙を減らす人もいますが、懲罰的な増税に反比例して、たばこの消費量が劇的に減少するわけではありません。先進国の中には、たばこ税が急に上がると、多くの喫煙者がいつものブランドから安価なたばこ(大抵は、たばこ税を払っていない偽造品や密輸品などの不法な商品)に走る傾向があります。また、隣国との間に大きな価格差を生み出す可能性があるので、国境を越えたたばこの密輸を誘発します。

結果として、犯罪者に不当な収益を得る機会を与えることになるばかりか、政府の収入源と健康目標を損なうことになります。


解決策

グループは、たばこ税の引き上げに反対しているわけではありません。インフレーション等に比例した定期的で小幅な増税は合法的です。政府や規制当局が密輸を加速させるような急激な政策変更を避けることにより、税収の安定的な確保の見通しも立つことでしょう。

max
large
medium
small
mobile