jump to search

受動喫煙

世界保健機関、米国公衆衛生当局やその他の公衆衛生機関は、受動喫煙または間接喫煙が、肺がん、心臓病、児童の呼吸器疾患などの様々な疾病の原因の一つになると結論付けています。

 

これらの機関は、受動喫煙がどの程度であれば安全なのかは明らかではないとし、公共施設での喫煙を禁止することが最善の公衆衛生対策になると報告しています。


ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)の科学的見解

受動喫煙に伴うリスクは疫学調査で測定されています。これらの調査の大半はアンケートを用い、「喫煙者と結婚している非喫煙者の女性」と「非喫煙者と結婚している非喫煙者の女性」における肺がん等の罹患率を比較しています。

肺がんに関しては、大規模な調査の結果、長期にわたり受動喫煙に曝されている非喫煙者の相対的リスクは1.3であることが報告されています。相対的リスク1はリスクのないことを意味します。長期にわたる喫煙から起こる肺がん罹患の相対的リスクは20以上です。

心臓疾患についても、受動喫煙に曝されている非喫煙者の相対的リスクは約1.3であることが、大規模な調査結果により報告されています。喫煙者の心臓疾患罹患の相対的リスクは3~5です。

多くの疫学研究者は、相対的リスクが2未満では疾患との関連性が弱く、関連性が強い場合と比べると数値化することが難しいとの見解を示しています。それを踏まえると、個々の調査で報告されている受動喫煙に曝されている非喫煙者の相対的リスクが2未満であるため、大半の調査が統計上有意ではないと思われます。

喫煙者を両親に持つ児童の呼吸器疾患調査と、受動喫煙が喘息の症状を悪化させるかどうかについての研究結果において、受動喫煙は児童の呼吸器疾患のリスクを高める可能性があり、また喘息の症状がある人については、その症状を悪化させる可能性があること示唆しています。


規制に対するグループの取り組み

グループは、非喫煙者と喫煙者双方の意見を尊重し、また非喫煙者が心ならずも受動喫煙に曝されることになる状況を極小化させるための規制を支持します。

また、公共施設の屋内における喫煙を制限することを支持し、規制の必要性を認識しています。禁煙エリアを設置するとともに、喫煙者には喫煙場所を提供するなど、現実的な取り組みを支援しています。

max
large
medium
small
mobile