製品ポートフォリオ

BATの製品ポートフォリオは、世界トップクラスの燃焼性たばこ製品と健康リスク低減の可能性を秘めた製品(Potentially Reduced Risk Products: PRRP)の非燃焼性製品で構成されています

燃焼性たばこ製品とは紙巻たばこといった従来的なたばこ製品です。BATが誇るブランドには、ダンヒル、ロスマンズ、ラッキーストライク、ケント、ポールモール、ニューポート、キャメル、ナチュラル・アメリカン・スピリットがあります。

BATの新たな戦略は、燃焼性たばこ製品と非燃焼性製品のポートフォリオを開発してBATの成長モデルを確立させ、成人消費者に満たされたひと時を提供し、また健康へのリスクが低減される可能性のある選択肢を提供することです。そうすることにより、BATの事業が健康や環境に与える影響を減らし社会に対して「A Better Tomorrow(より良い明日)」を築いていきます。

燃焼性たばこ製品の健康へのリスクは、ニコチンではなく、燃焼の過程で生じた成分が健康に有害である点によることが広く知られています。BATの事業の中核となるのは、当面は燃焼性たばこ製品ですが、グループは燃焼性たばこ製品以外の製品にも注力しており、今後その割合を増やしながら、事業からの健康への影響を低減することを目指しています。

現在、グループの製品ポートフォリオには、健康リスク低減の可能性を秘めた製品(PRRP)のラインアップが増えています。

  • 加熱式たばこ製品
  • ベイパー製品(※1)
  • 現代的なオーラル製品(※2)
  • 従来のオーラル製品(湿式嗅ぎたばこ、スヌース)
グループの戦略的ポートフォリオ(※3)

グループは、2017年7月にレイノルズ・アメリカンを買収した後、米国市場におけるトップ・ブランド(※4)をポートフォリオに追加しました。さらに進化を続けるPRRPを主に、優先するブランドで構成した「戦略的ポートフォリオ」を確立しました。

このポートフォリオは、さまざまなPRRPを消費者に提供しつつ、従来のたばこブランドを引き続き事業にとって重要なものとして認識し続けることを優先事項としています。


紙巻たばこ

Dunhill kent LS
pall mall rothmans newport
camel American Spirit  

 

健康リスク低減の可能性を秘めた製品(PRRP)

  • 新しいカテゴリー

ベイパー製品

加熱式たばこ製品

現代的なオーラル製品

vuse glo velo
vype    

 

  • 従来のオーラル製品
grizzly camel snus

 


その他のインターナショナルおよびローカルたばこブランド


戦略的ポートフォリオ以外にも、グループは事業を行っている多くの国で人気であり続けているインターナショナルたばこブランド、そしてローカルたばこブランドを擁しています。これらには、Vogue、Viceroy、Kool、Peter Stuyvesant、Craven A、State Express 555などが含まれます。


※1: 日本においては、ニコチンを含有するベイパー製品は、法令上医薬品としての承認なく販売することはできません。当社は日本においてベイパー製品を販売しておりません。 

※2: 現代的なオーラル製品にはたばこを含むもの(EPOK)と、たばこを含まないもの(LYFT)があります。

※3: ポートフォリオの中には、BATジャパンが販売していないブランドがございます。

※4: 米国のみで販売されているベイパー製品Vuseとオーラル製品のGrizzly、Camel Snus、Kodakは、アメリカ食品医薬局(FDA)の規制対象です。FDAの認可を得ずに健康リスク低減に関する文言を使用することはありません。

 

【メンソールを使った製品について】

メンソールを使った製品には、白い繊維状のものが付着しているように見えることがありますが、これは気温の低下により、製品に含まれるメンソール成分が結晶化したものです。品質や味・風味に影響するものではありませんので、ご安心ください。

max
large
medium
small
mobile