jump to search

ハーム・リダクション・フォーカス・レポート 2018年版

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(以下、グループ)の研究開発プログラムは、たばこハーム・リダクションを中心に、従来のたばこに比べ健康リスクの小さい、健康リスク低減の可能性を秘めた製品(PRRP)の開発に取り組んでいます。その成果として、2013年に発売したベイパー製品「Vype」や、2016年に世界で初めて日本で発売した加熱式たばこ「glo™」などがあります。

グループでは、科学者や規制当局と連携して、これらPRRPの販売促進を実施し、また消費者の安全と製品の品質を第一とする規制上の取り組みを提唱する一方で、喫煙本数の減少又は完全な禁煙を支援する健康リスクの小さい新しいニコチン製品の普及を目指しています。

ハーム・リダクション・フォーカス・レポートでは、グループの「健康リスク低減の可能性を秘めた製品」への取り組みを紹介しています。

HRFR

ハーム・リダクション・フォーカス・レポート2018年版 (6,303 kb) 

max
large
medium
small
mobile