パーパス

A Better Tomorrow™ (より良い明日)を築く

BATグループは、2020年3月に新たな戦略を導入し、「A Better Tomorrow™(より良い明日)」を築くという企業パーパスを掲げました 。

消費者にとって満足度の高い、健康リスクが低減される可能性を秘めた *製品の選択肢を広げていくことにより、BATの事業が健康や環境に与える影響を減らし、社会に対して「A Better Tomorrow™(より良い明日)」を築いていくという目標です。

今日、社会や規制の変化に伴いたばこ製品の消費の機会が徐々に制限される中で、私たちはその状況を、絶え間なく変化する消費者のニーズや嗜好を満たすための新たな機会と捉えています。BATグループの事業の中核は、当面は燃焼式たばこ製品ですが、それ以外の製品、つまり加熱式たばこ製品、オーラル製品(たばこを含有しないニコチンパウチ) *¹ 、ベイパー製品にも注力しています。今後、それらニュー・カテゴリー製品の割合を増加させながら、事業からの健康への影響を低減することを目指しています。

BATグループは、 様々なムードやシーンに合った、感覚の刺激を通じて満たされるひとときを提供する製品ポートフォリオに重点を置き、消費者のニーズを満たしていきます。

* 紙巻たばこ喫煙からの完全な移行を前提とした、科学的根拠の重み付けに基づく。これらの製品に健康へのリスクがないことを意味するものではありません。これらの製品は依存性のあるニコチンを含みます。
† Vuse、VELO、Grizzly、Kodiak、Camel Snusを始め、米国内で販売されているBAT製品は、アメリカ食品医薬局(FDA)の規制対象であり、FDAの認可を得ずにこれらの製品の健康リスク低減に関する文言を使用することはありません。
*1 日本では、たばこ葉を含有しないオーラル製品は販売されておらず、たばこ葉を含むオーラルたばこ製品が販売されています。

max
large
medium
small
mobile