たばこ税い関する考え方

たばこは、日本で最も税負担率の高い商品のひとつです。

たばこ税は、政府にとって重要な財源です。BATのグローバルビジネスは、世界各国の政府にとって重要な税収源であり、地域経済への貴重な貢献にもなっています。

政府はたばこ税の高い税率により、特定の政策目標を支援することができます。しかし、万が一たばこ税を急激に引き上げた場合、例えば隣国との間に大きな価格差を生み出してしまうことで、不法取引や密輸を誘発する可能性があります。結果として、犯罪者に不当な収益を得る機会を与えることになるばかりか、政府の収入源を損なうことになります。

日本のたばこ税

日本において紙巻たばこには、4種類の税が課せられています。国たばこ税、たばこ特別税、地方たばこ税、そして消費税です。合計すると税金が価格の6割以上を占め、製造たばこは、日本で最も税率の高い商品のひとつとなっています。

BATジャパンは、この歳入が日本の政府にとって重要な役割を果たしていると認識しています。課税のあり方について合理的な対応を図ることは、たばこ産業にとって基本的な事項です。私たちは、グローバル企業の一員としての経験を活かし、日本政府にとっては財源をもたらし、私たちのお客様へは過剰な税負担をなくすような効果的なたばこへの課税のあり方について、積極的に検討していきたいと考えています。

max
large
medium
small
mobile